読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコの腎臓病の症状と治療法と食事、自宅できる簡単な予防法

ネコの腎臓不全・猫下部尿路疾患など腎臓病の種類と初期症状や末期症状、治療法やかかる費用と食事はどんなものを食べさせたらいいのか、食べない時にはどうしたらいいのか?腎臓病用の手作り御飯のレシピや注意点についてなどの腎臓病と上手に付き合っていく方法を紹介します。他にも自宅でできる腎臓病を予防する方法についても紹介します

MENU

腎不全末期のネコの症状とは?残された時間はどれぐらい?

f:id:sleepytake:20160819172112j:plain

ネコが腎不全の末期と告げられた時、
どうしたらいいのか…ショックですね。

諦めたくない
苦痛なく安らかな時間を過ごして欲しい
本当に色々な感情が出てくると思います。


ネコの腎不全の末期症状とは?

腎不全は腎臓の機能が少しずつ低下していき、治ることはありません。
ネコの腎不全の末期は、腎臓がほとんど機能せずに
尿毒症・食欲が全くなく食べない・吐く・神経症状が出て痙攣などの症状が出ます。


腎不全の症状として、多飲多尿・食欲低下・体重が減る・毛づやがなくなるなどの症状があります。
適切な治療で投薬・食事療法などで腎臓の機能低下をできるだけ緩やかにし、
腎不全の進行を遅らせることはできますが、完治はしません。

腎不全の症状が進んでいくと、
腎不全から尿毒症になり、激しく吐いたり、食べなくなったり、体温が低下し、神経症状による痙攣が起きたり、昏睡状態になってしまうことがあります。

なかには腎不全(尿毒症)の末期と言われながらも症状が持ち直し、腎不全は治らないまでも少し元気になってくれる場合もあります。

でも、多くの場合にはできる限りネコにとって苦痛になるものをなくしていく緩和ケアに切り替えています。

末期と言われてからどれぐらいの時間が残されているの?

実はこれはネコによって変わってきます。

腎不全の末期と言われても様々なケアがネコに合っていて持ち直してくれ、数か月~数年生きてくれることもありますし、
また、逆の場合もあります。

ネコの腎臓病のステージ別での予想平均生存期間のデータによると、
末期の前段階・ステージ4での平均寿命は推定で36~60日と言われています。
末期では推定で35日未満とされています。

しかし、このデータはあくまでも推定でしかありません。
余命数日とか半年とか言われていても
先にも述べたように覆してくれるネコも多くいます。

あきらめずにしてあげられることはまだまだたくさんあります。
前向きに大切な家族のネコとの時間を大切にできる限りのことをしていきましょう。

 

腎不全末期のネコにしてあげられること

食べられない

好きだったものを食べやすいようにしてあげたり、
流動食をシリンジで与えたり、
指につけて舐めさせたりする方法があります。

 

便秘

食べられない・水が飲めない場合はどうしても便秘になりがちです。
優しくお腹をマッサージしてあげたり、
バターを指につけてすこしだけ舐めさせたりする方法があります。

水を飲んでもらう

少し温めたお水を好む子もいます。
我が家のネコは夏場は氷入りの水を好みます。
また、炭を入れて数時間置いた水を好んで飲んでいます。

自力で飲めない場合には、シリンジなどで口の端から飲ませる方法もあります。

おしっこ

自力で排尿ができない場合には、獣医さんに教えてもらい圧迫排尿をして少しでもネコにおしっこを出してもらう方法もあります。

口内炎

腎不全の場合には口内炎になっていることも少なくありません。
口の中が痛くて食べられないこともあるので、
獣医さんに相談して口内炎のお薬を出してもらう方法があります。

 

f:id:sleepytake:20160812164212j:plain

自宅で看取る?入院がいいの?

ネコが腎不全の本当の末期になってしまうと24時間点滴が外せない場合もあります。


「獣医さんからはどうしますか?」と尋ねられると思います。

入院していると、ICUなどで温度管理・酸素吸入の措置がとられ、
苦痛を少なくする注射などの治療が行われるようです。

入院をしていると、看取ることはおそらくできないと思います。

しかし、命綱の点滴を外して連れて帰ると決断するのはとてもとても大きな決断だと思います。
それでも飼い主さんたちは自宅で看取ることを選ぶ方が多いです。

家族の誰かが常に家にいる、ネコのそばにいてあげられる状況の場合には自宅へ連れて帰る選択をするようですが、
どうしても留守にしてしまう場合には時間を作れるまで入院をお願いすることもあるようです。

私の実家で飼っていた犬(犬の話ですみません)は老犬だったので大きな腫瘍ができていたのですが、手術はできませんでした。
最後の時には、一番懐いていた母が外出するために出てきてそばに来るのを待って、ひとしきり心行くまで甘えてから旅立ったそうです。


ネコが腎不全の末期と言われたら、
本当に色々な感情が出てくると思います。
覚悟を決めて、感謝と愛情を伝えながら、できるだけのことをしてあげたいですね。